結婚式の準備、完璧アドバイス

出席者を決める

結婚式は新郎新婦だけでなく、その両家にとっても一生に一度の一大イベントです。一生の思い出に残る素敵な式にする為には様々な準備が必要です。
ホテルなどの会場、衣装や料理決めなど新郎新婦の2人だけで決められる事、決めてよい事もありますが、その結婚式に参列してもらう出席者をどうするか、誰に来てもらうのかを決める事は両親も含めて話し合いが必要になってきます。

 

現在は教会でのチャペルウエディングが多いですが、親族以外にも知人や上司など多数の人に参列してもらう事が出来ます。しかし、ホテルなどでの神前結婚式では親族のみの参列となります。

 

式の後はホテルなどでの披露宴となりますが、丸テーブルや長テーブルなどに数人ずつ分かれて座る洋風形式が一般的で一番多い形式です。その他、料亭などでの和風形式や立食などのパーティー形式もあります。

 

その披露宴の出席者を決める事が最後まで難航します。なぜなら、親戚や知人などすべての人を招待する事が出来ないからです。また、両家で招待する人数の調整も必要になってきます。一方が大人数でも少なすぎても困ります。
そして、親戚が多い場合は血が濃い順に招待する事になりますが、その場合、両親の意向を取り入れる事が多くなっています。
その他、新郎新婦の会社の上司や先輩、友人の選定も難航理由の一つです。会社の上司は特に難しく、慎重に選ぶ必要があります。会長や社長を招待する事もありますが、自分が働く部署などでの直の上司は特に招待しましょう。選び間違えると、会社での自分の立場が危うくなる事もあるので気を付けましょう。
そして、友人や仲の良い先輩、後輩の招待を考えますが、会場の席での調整もあるので新郎新婦でなるべく同人数が良いかもしれません。親密度で誰を招待するか決めますが、上司と同じく難しい選定です。

 

その他の準備も大変ですが、両親や相手とよく話し合い、今後の付き合いにも関係してくるので、お互いに納得出来るように慎重に選びましょう。